JISA Awards

印刷ページを見る

1.趣旨

 JISAは、構造改革とITイノベーションにより、知識集約型社会を実現し、我が国の国際競争力向上に貢献することにより、業界地位を向上させ、業界ブランドを確立することを目指しております。

 そのためには、情報サービス企業が切磋琢磨し、独創的かつ国際的に通用する質の高い技術・ノウハウ・製品・ITサービスの創造に鋭意取り組んでいくことが重要になります。

  また、情報サービス企業が経営高度化を図り、マネジメントシステム及び諸制度を改革し、グローバルにその先進性を示すことにより、名実ともに魅力ある産業としての基盤を築いていくことも必要となります。

  このような認識のもと、JISAは上記のような取組を奨励・促進するとともに、その成果を業界内外に示すことにより、情報サービス産業の存在感と重要性を広く社会に情報発信していくための方策の検討を行った結果、平成23年度に表彰制度「JISA Awards」を新設し、毎年実施することとなりました。

このページの先頭へ▲

2.受賞者

JISA Awards 2018

Winner(受賞者)

  • 「全世界デジタル3D地図AW3D®」株式会社NTTデータ
  • 「正規品判定クラウドサービス「C2V Connected」」キヤノンITソリューションズ株式会社
  • 「DRIMS®:スマートフォンを用いた道路の路面性状把握システム」JIPテクノサイエンス株式会社

JISA Awards 2017

Winner(受賞者)

  • 「法人(加盟店)審査ソリューション」株式会社エヌ・ティ・ティ・データ

「JISA Awards 2017」特別賞

  • 「路線バスサービス」株式会社ユニ・トランド

Finalist(最終選考対象者)

  • 「PreviewMail(プレビュー・メール)」株式会社アイエフエス
  • 「自治体向け 初動支援キット」株式会社日立システムズ

JISA Awards 2016

Winner(受賞者)

Finalist(最終選考対象者)

JISA Awards 2015

Winner(受賞者)

JISA Awards 2015 特別賞

  • 「働き方改革運動「スマートワーク・チャレンジ20」」SCSK株式会社

Finalist(最終選考対象者)

JISA Awards 2014

Winner(受賞者)

JISA Awards 2013

Winner(受賞者)

Finalist(最終選考対象者)

JISA Awards 2012

Winner(受賞者)

Finalist(最終選考対象者)

このページの先頭へ▲

3.選定方法

 応募案件について、選考委員会(委員長:坂村 健氏(東京大学大学院情報学環 教授))において一次選考を行いFinalist(最終選考対象者)として選出、さらにこれらFinalistの中からWinner(受賞者)を決定します。

※JISA Awards選考委員会(2017)の名簿は以下のとおりです(五十音順)。

委員長 坂村  健 東洋大学 情報連携学部 学部長
委 員 青山 幹雄 南山大学理工学部 ソフトウェア工学科 教授
川浦 立志 独立行政法人 情報処理推進機構 理事
土井美和子 国立研究開発法人 情報通信研究機構 監事
夏野  剛 慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 特別招聘教授

このページの先頭へ▲

4.イベント

 表彰式及び受賞者、最終選考対象者による記念講演会を開催しています。

このページの先頭へ▲

5.受賞者の特典

  • 1年間JISAの行事・講演会等で紹介されます。
  • 受賞のロゴマークを使用できます。

このページの先頭へ▲

6.プレスリリース

JISA Awards 2018

プレスリリース

JISA Awards 2017

プレスリリース

JISA Awards 2016

プレスリリース

※記念講演会の講演録はJISA会報No.123に掲載されています。

JISA Awards 2015

プレスリリース

※記念講演会の講演録はJISA会報No.118に掲載されています。

JISA Awards 2014

プレスリリース

JISA Awards 2013

プレスリリース
※記念講演会の講演録はJISA会報No.109、No.110に掲載されています。

JISA Awards 2012

プレスリリース
※記念講演会の講演録はJISA会報No.105、No.106に掲載されています。

このページの先頭へ▲