インターネットEDI普及推進協議会
Japan internet EDI Association(略称:JiEDIA/ジェディア)

印刷ページを見る

協議会について

  協議会名称・協議会の目的・設立背景・会則
  会長 及び 幹事
  会員一覧
  入会のご案内

EDI関連資料

 JiEDIAは「固定電話網のIP網移行によるEDIへの影響と対策」として、EDIを利用しているユーザー企業ならびにEDIサービス・EDI関連事業を提供している事業者の方を対象に、 
 (1)固定電話網のIP網移行の概説(全体的な移行スケジュール等)
 (2)インターネットEDI移行の手引き(ユーザー企業等が今後何を行っていくことが必要か、具体的なチェックシートを含む。)
 (3)全銀協標準通信プロトコル(TCP/IP手順・広域IP網)利用ガイドライン (全銀協標準に準拠し利用するためのガイドライン。JiEDIAで実施した相互接続試験結果を含む。)
 (4)インターネットを利用した通信プロトコルガイドライン JX手順版 (JiEDIAでは流通システム標準普及推進協議会からJX手順の維持管理を継承し、特定業界に依存しない汎用版を作成しました。)
 ―など、固定電話網のIP網移行について幅広くカバーした内容の資料を公開しております。

認証局認定制度について

 インターネットを利用してEDIを行うためにはセキュリティ対策が重要であり、現在は電子証明書を利用することが一般的です。インターネットEDI普及推進協議会では一定の基準を満たした認証局を認定する制度を設け、業界を横断してデータ交換で利用できる電子証明書によって、インターネットEDIへの移行促進に寄与することを目指します。詳細につきましてはJiEDIA事務局までお問い合わせください。

文書名 バージョン 発行年月
ファイル
形式 
データ交換共通認証局証明書ポリシー v1.0.0 2019年7月  PDF
認証局認定制度ガイドライン v1.0.0
2021年4月  PDF 


現在、本制度への適合が確認された企業は【こちら】になります。

電子証明書自動更新API利用ガイドラインについて

 電子証明書の運用においては、初期設定時の作業ミスや定期的な更新時の更新忘れなど、トラブルの発生が懸念されます。JiEDIAではユーザー企業およびSI事業者双方の作業負荷低減を図るとともに、電子証明書を含むセキュリティ運用機能を標準化して相互接続性の向上と運用上のトラブルを回避することを目的として、電子証明書を自動更新するAPI仕様を策定しました。この度、電子証明書認証局事業者ならびにEDI関連製品開発企業、サービス事業者等を対象に資料を公開いたします。
 
文書名 バージョン 発行年月
ファイル
形式 
電子証明書自動更新API利用ガイドライン v1.0.0 2021年4月  PDF

注意事項:
 本ページに掲載されている資料をJiEDIA以外のホームページ等へ掲載することはお控えください。
 また、各資料は逐次改定を加える予定ですので、各資料への直接リンクを張ることは控 え、本ページのURLを記載ください。
 本ページに直接リンクを張ることに許可は不要です。
  •  

このページの先頭へ▲