平成27年度 情報サービス産業における技術成熟度調査(情報技術マップ調査)ご協力のお願い

印刷ページを見る
情産委27-221
平成27年12月7日
会員各位
一般社団法人 情報サービス産業協会
技術強化委員会 委員長 國井 秀子

 平成27年度 情報サービス産業における技術成熟度調査
(情報技術マップ調査)ご協力のお願い

拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。また、平素は協会活動にご理解とご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。
 さて、JISAでは、情報システム関連技術の整理及び体系化を目的とした情報技術マップを作成してまいりました。本調査は、技術者へのアンケート調査を通じて、現状の技術への取組状況、具体的には、技術を利用した実績や、今後の着手意向を探ることで業界としての方向性を明らかにしようとするものです。
 調査結果については、調査データの分析結果の公表だけでなく、自社技術者の回答データと回答企業全体のデータの比較ができるため、定量的に自社技術者の強みを把握することができます。
 会員企業におかれましては、本趣旨ご賢察の上、ご協力のほどお願い申し上げます。

1.調査目的

情報サービス業界における要素技術の活用度合いや成熟度の実態を定量的に把握するために実施します。

2.調査対象

会員企業のエンジニア
・プロジェクトマネージャ、プロジェクトリーダー、チームリーダーのほか、システムエンジニア、プログラマの方を対象とします。
・本調査は技術者「個人」に対する調査です。各会員企業を代表して回答する調査ではありません。できるだけ多くの技術者の方にお知らせください。

注1)調査参加企業としての社名がJISAより公表されることはございません。
注2)JISAにおいて個別企業に関する分析をするとはございません。また、個人・個社のデータを外部に公表することはございません。

3.調査実施時期間

平成27年12月7日(月)  ~ 平成28年1月29日(金) 

4.実施方法

本調査はWebアンケートシステムを利用して実施します。本調査に対する回答者登録の上、ご回答をお願いいたします。
URLはJISAより12月7日に配信されたメールをご確認下さい。 

5.調査結果

情報技術マップ調査レポートとして取りまとめ送付します。(5月刊行予定)
また、自社分データを以下Webサイトからダウンロード出来ます。(平成28年3月末まで)

6.参考資料

・本年度調査票(調査回答はWebからおこなって下さい)
 http://www.jisa.or.jp/Portals/0/resource/itmap/questionnaire.pdf

・報告書 平成26年度 情報サービス産業における情報技術マップに関する調査報告(概要)
 http://www.jisa.or.jp/Portals/0/report/26-J008.pdf

7.個人情報の取扱い

※今回の調査に際して、お預かりした個人情報は、厳重な管理の下で保管させていただき、法令の定めがある場合及び、システム上でデータを一意に識別する際にメールアドレスを使用する場合を除いては、当協会以外の第三者には提供いたしません。また、個人情報の取扱いに関する業務を委託する場合には、適切な基準に基づき選定し秘密保持契約を締結した委託先に委託いたします。
なお、個人情報に関する開示、訂正・追加・削除、利用停止、消去の請求につきましては、以下の問合せ先までご連絡ください。

【個人情報保護管理者】・・・理事 田原幸朗

■ 本件問い合わせ先

一般社団法人 情報サービス産業協会 企画調査部 大原
  TEL:03-6214-1121 E-Mail:mapinfo@jisa.or.jp

このページの先頭へ▲