第6回 要求品質向上WG

印刷ページを見る

 平成30年11月30日、第6回先進技術実践委員会 要求工学実践部会 要求品質向上WG(幹事:青山幹雄 南山大学)がJISA会議室で8名の出席により開催された。

 今回は、参加委員が自社で実施している、要求インスペクションの実施状況について意見交換を行った。
 また、日経SYSTEMSの2018年12月号に、TISが社内で整備していた資料やツールを「Fintan」と名付け、WebサイトとGitHub上で無償公開を始めたことが話題となった。

 最後に事務局より、10月5日に開催された「ソフトウェア工学実践シンポジウム」経験報告実施結果について報告があり、参加者アンケートでは当WG、大下義勝((株)日立ソリューションズ)委員の経験報告5「RFPを対象とした要求インスペクションの適用と評価」が好評だったことを報告した。

 次回は12月14日に開催予定。

(溝尾)

このページの先頭へ▲