依頼・募集

印刷ページを見る

2019.12.16募集・依頼

「情報サービス産業におけるアジャイル開発に関する調査2019」ご協力のお願い(1/31)

JISA会員各位

                 一般社団法人 情報サービス産業協会
                技術革新委員会 エンジニアリング部会
                       アジャイル開発グループ
                         主査 安藤 寿之
                         主査 福田 朋紀

拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。また、平素は協会活動にご理解とご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。

 昨今、ビジネスの進展スピードが高速化し、ITベンダーには限られた期間でビジネス価値が高いシステムを導入することが求められており、アジャイル開発への期待が高まっています。

 そこで、当グループでは過去調査結果との経年変化も含め、JISA会員のアジャイル開発の現状と課題を把握するために、標記アンケートを実施いたします。

 つきましては、ご多忙中のところ大変恐縮ですが、本調査の趣旨をご賢察の上、ご協力いただきたく、お願い申し上げます。

1.回答方法
 本調査はWebアンケートシステムを利用して実施します。
 下記URLからご回答ください。
 https://jp.surveymonkey.com/r/26CSSMY

2.調査目的
 情報サービス業界におけるアジャイル開発の活用度合いや浸透の実態、
 推進上の課題などを定量的に把握するために実施します。

3.調査対象
 JISA正会員企業のエンジニア
 ・プロジェクトマネージャ、プロジェクトリーダー、チームリーダーのほか、
  システムエンジニア、プログラマの方を対象とします。

 ※本調査は技術者「個人」に対する調査です。
  各会員企業を代表して回答する調査ではありません。
  できるだけ多くの技術者の方にお知らせください。
 ※アジャイル開発の経験は問いません。

 注1)調査参加企業としての社名がJISAより公表されることはございません。
 注2)JISAにおいて個別企業に関する分析をすることはございません。また、
   個人・個社のデータを外部に公表することはございません。

4.調査結果
 調査結果は、「情報サービス産業におけるアジャイル開発に関する調査2019」報告書として取り纏めます。
 回答企業に限り、報告書のPDFデータを速報でお送りする予定です。また、「情報サービス産業におけるアジャイル開発に関する調査2019」報告書をもとにした意見交換会(予定)について無料でご招待いたします。

5.調査実施期間
 令和元年12月16日(月)~令和2年1月31日(金)

6.参考
 ・「情報サービス産業におけるアジャイル開発に関する調査2019」調査票サンプル(PDF)
  
 ・平成30年度「情報サービス産業におけるアジャイル開発に関する調査」報告書
  
7.お問い合わせ
 一般社団法人 情報サービス産業協会 企画調査部 辻村 朋大
  TEL:03-5289-7651 FAX:03-5289-7653 agile-owner@jisa.or.jp

  •  

このページの先頭へ▲