刊行物詳細

印刷ページを見る

DXのための新しい「産業のカタチ」を目指して 情報サービス産業白書2021年版

wp2021

DXのための新しい「産業のカタチ」を目指して 情報サービス産業白書2021年版

価格(税込・送料別) JISA会員:2,464円 JISA会員外:3,080円
※資料のご注文・配送について
冊子B5判 160ページ
刊行日 2021/06/28
著者 一般社団法人 情報サービス産業協会 編
発行元 インプレス
ISBN 9784295011781

「情報サービス産業白書2021年版」が、6月28日にインプレスより刊行の運びとなりました。
JISA会員の皆様は本サイトからお申込いただくと会員価格でご購入いただけます。(送料別・5部以上送料無料)

内容紹介

 情報サービス産業白書の2021年版では、見通しがたいコロナ禍の状況の的確な把握と、今後の方向性を指し示すよう努めました。具体的には、「情報サービス産業動向調査」を多様な属性の情報サービス事業者(大企業/中小企業、首都圏/地域)に対し実施し、経営や投資行動等に対するコロナ禍の影響を把握しました。また「DXビジネスポートフォリオ」において今後目指すべき象限への移行を検討するとともに、その具体的な事例として、DXビジネスにおいて先進的な取り組みを行う情報サービス事業者を対象にヒアリング調査を実施し、今後のDX推進の方向性と行うべきアクションを第1部として提言しました。

 第2部として、主に業界の有識者からの寄稿により、DXを始めとする情報サービス産業の概況を取りまとめました。


【本資料の送料無料でのご購入について】
◆本ページからのお申込には送料が別途かかります。

一般の方は一般書店・以下サイトよりお申込いただくと送料無料でご購入いただけます。

目次

第1部 DXのための新しい「産業のカタチ」を目指して
 第1章 テーマの背景と問題意識
 第2章 情報サービス産業におけるコロナ禍の影響調査
  (アンケート)
 第3章 DXビジネスへの先進的取り組み事例
 1 インタビューの概要
 2 インタビュー結果
    ①株式会社構造計画研究所
    ②株式会社中電シーティーアイ
    ③日鉄ソリューションズ株式会社
    ④株式会社網屋
    ⑤株式会社オーイーシー
    ⑥株式会社野村総合研究所
 第4章 情報サービス産業におけるDXビジネス推進の方向性

第2部 情報サービス産業の概況
 第1章 JISA委員会レポート等で概観する情報サービス産業のトレンド
  第1節 「DXレポート2」に見るDX 推進の指針と情報サービス産業の指針
  第2節 情報技術マップ(DX特別編)
 
 第2章 個別技術動向
  第1節 IoTの高度なデータ利活用を支えるエッジコンピューティング
  第2節 リモートワークへの移行を支援するAI
  第3節 ブロックチェーンの動向とプライバシー保護技術
  第4節 デジタル時代のインフラとなる次世代ネットワーク
  第5節 進むクラウドネイティブと仮想化のアーキテクチャ.
  第6節 DevOps成功の鍵は失敗を受け入れる文化
  第7節 DX時代の顧客志向を推進するデザイン思考
  第8節 働き方の可能性を広げるxR(VR/AR/MR)
  第9節 RPA 展開の課題と対応策
  第10節 デジタル時代のサービスを進化させるAPI
  第11節 市民開発者の可能性広げるLow-Code/No-Code

 第3章 統計で見る情報サービス産業
  第1節 基本統計
  第2節 DI 調査
  第3節 情報サービス産業動向調査(会員アンケート調査)

データ編 情報サービス産業動向調査(会員アンケート調査結果

概要等公開資料


お問合せ先

担当者:JISA刊行物担当
TEL:03-5289-7651
Email:report@jisa.or.jp

備考

  •  

このページの先頭へ▲