第4回 要求開発事例研究会

 平成29年2月17日に第4回要求開発事例研究会(幹事:北川貴之 東芝ソリューション(株))が開催された。出席者は17名。

 今回は中谷多哉子委員(放送大学)より、「要求工学実践ガイド」についてプレゼンがあり、意見交換を行った。

 「要求工学実践ガイド」は要求工学委員会が要求獲得技術を活用するための事例をパターン化した現場向けの解説書で、REBOKシリーズとして発行を目指している。

 まず、事例は要求工学見習いの技術者がパターンを適用して問題に対する解決策を、「背景」「問題」「解決策」「解決策が問題解決に有効である根拠、理由」「事例」「留意点」でまとめていることが紹介された。
 次に「ステークホルダ分析」「概念モデリング」等、書籍に掲載予定の内、7事例が紹介され意見交換を行った。

 次回会合は4月を予定している。   

(溝尾)

 

このページの先頭へ▲