第5回 ITアーキテクトコミュニティ

 平成28年12月20日、第5回 ITアーキテクトコミュニティ(座長:今村 大輔 東芝ソリューション(株))がJISA会議室において、12名の参加を得て開催された。本年度は、委員数名によりショートプレゼンテーション(15分程度のプレゼンテーション)を実施し、その内容を起点にメンバ間で議論を深める活動をしている。

 今回は、過去4回の実績をふまえ上期活動の振り返りをおこなった。振り返りでは、ショートセッション形式の活動へは肯定的であり、また、コミュニティメンバ企業内で、当日のテーマに関心がある若手をスポット参加させる取り組みも継続すべきとの意見が出た。一方で、「マイクロサービス」や「モダナイゼーション」といったテーマについては、より集中して討議をしたいとの意見も出された。

  本年度は、ショートプレゼンテーション形式の活動を続けることとなった。ITアーキテクトとしてそれぞれが活動していく中で関心がある技術テーマについて議論をしていく。

(大原)


(参考 過去4回のテーマ)
第1回  
 1)  イノベーティブなサービス提供のためのワークスタイル変革
 2)  マイクロサービス・アーキテクチャにしてみたところ・・・
 第2回  
 1)  大規模プロジェクトにおけるSIビジネスの高価値化に向けたITアーキテクト活動
 2)  リアクティブアプリケーションに関して 
 第3回  
 1)  ビジネスの変化に対応した、基幹システムの構造変更における最適アーキテクチャの選定について
 2)  ITアーキテクト×セキュリティ
 第4回  
 1)  ユーザ企業におけるファシリティの課題
 2)  JISA情報技術マップ2015の紹介と、ITアーキテクトから見た利用技術の選定方法について

このページの先頭へ▲