第2回 「ソフトウェアの重要性を知ってもらう」コミュニティ

 平成28年12月19日、「ソフトウェアの重要性を知ってもらう」コミュニティ(幹事:島田俊夫(株)CAC Holdings取締役会長)の第2回会合がJISA会議室で開催された。出席者は事務局を含み5名。

 今回は、こども向けプログラミングワークショップについて、各委員が検討した資料を持ち寄り情報共有し、当コミュニティの進め方等について検討した。
 また、今後の活動として、学校における情報モラル教育の一環としてセキュリティの重要性を啓発している「e-ネットキャラバン」にアプローチすることになった。

 次回会合は2月を予定している。

(溝尾)

 

このページの先頭へ▲