第4回 ITアーキテクトコミュニティ

印刷ページを見る

 平成28年11月1日、第4回 ITアーキテクトコミュニティ(座長:今村 大輔 東芝ソリューション(株))がTJKプラザにおいて、12名の参加を得て開催された。本年度は、委員数名によりショートプレゼンテーション(15分程度のプレゼンテーション)を実施し、その内容を起点にメンバ間で議論を深める活動をしている。

 今回は、『ユーザ企業におけるファシリティの課題』と『ITアーキテクトからみた利用技術の選定方法について』をテーマに議論を深めた。一つ目のテーマでは、ユーザ企業において保有していたIT機器の運用作業をどのように効率化すべきか、また、データセンタの移設といったプロジェクトにおいて、情報システムを再構築する際のITアーキテクトの活動について討議した。2つ目のテーマでは、JISAで毎年調査している『情報技術マップ調査』を題材に、先端IT技術習得にむけて参考となる調査はどのようなものか議論を深めた。

(大原)

このページの先頭へ▲