第1回 国際連携委員会

印刷ページを見る

 平成25年7月11日、JISA会議室で第1回 国際連携委員会(委員長:五十嵐隆・富士通FIP 相談役)が開催された。出席者は18名。

 冒頭、五十嵐委員長より挨拶が行われ、平成25年度は国際連携委員会と名称を改め、JISAの持つグローバルなネットワーク、人脈、ノウハウを活かし、JISA会員企業のグローバルビジネス推進に貢献していきたい、特に中小企業のサポートにも力を入れたい、と述べた。

 引き続き、今年度第1回目の委員会ということで、委員からの自己紹介が行われた。各委員の方々のこれまでのグローバルビジネス等のご経験や、今後の予定や抱負などについてコメントがあった。

次に、事務局より、平成25年度国際連携委員会の企画書案をもとに、活動内容、設置部会の活動内容、および年間活動予定について報告し、了承された。

 グローバルビジネス部会については、大須賀部会長より今年度のグローバルビジネス部会の活動予定や実施体制について報告が行われた。第1回目の部会は7月29日の予定。

パブリックポリシー部会については、横澤部会長より、6月5日に台北で行われたWITSA会議での発表内容や7月5日に京都大学で行ったミャンマーICT大学教授との懇談会について報告されたほか、グローバルビジネスの環境整備として重要なトピックとしてデータ保護規制やインターネットガバナンスに関する国際動向について説明が行われた。

 また事務局より、7月4-5日に東京において開催した日韓交流会および約80名が参加した日韓セミナーについて、報告を行った。

 最後に、今後の活動予定の一つとして、9月26-28日にバンコクで行われる予定のASOCIO総会・サミット・Software Expo Asiaについても紹介を行い、できるだけ多くのJISA会員企業の参加や展示会への出展を募る予定である旨、説明を行った。なお、次回国際連携委員会は、10月8日には国際連携委員会全体会として開催する予定であることを説明し、閉会とした。

 

このページの先頭へ▲