第3回広報・人材委員会

 平成25年5月15日、平成24年度の広報・人材委員会(委員長:神山茂 (株)ジャステック会長)がJISA会議室で委員8名及び事務局6名の計14名により開催された。

 今回の議題は、平成24年度活動の総括及び政策委員会の企画案の検討であった。なお、4月1日より平成25年度事業計画に基づく活動が開始されているが、今期は役員改選期であり、新たな執行部体制が発足する6月12日(第30回定時総会)までの間、広報・人材委員会は政策委員会の活動企画を策定し、新体制に引き継ぐこととなっている。

 冒頭、委員長より、産学連携及びダイバーシティ推進により業界が抱える課題解決に挑戦する人材が出てきて欲しい、創造的改革を実践する人材とそれを支える人材によりイノベーションを実現して欲しい等の挨拶があった。

 議事では、平成24年度活動について、人材部会より報告書「創造的改革人材(イノベーション人材)が活躍する環境の実現を目指して」及びダイバーシティ推進の活動、広報部会より教員の民間企業研修の受入、JISAアワード2013及び論説・編集委員懇談会の開催、白書編集部会より「情報サービス産業白書2014」の構成とテーマについて、それぞれ報告があった。

 政策委員会の企画書(案)については、委員会の方針や活動テーマ、テーマ別に7つの部会(企画、公共調達、知財・法務、財務税制、環境、広報、白書)を設置すること等が承認された。しかし、委員からの意見では、JISAの活動全体における政策委員会の役割等を明確に記述した方がよいとの意見があり、修正については事務局に一任された。

 (手計)

このページの先頭へ▲