第8回 技術委員会 標準化部会VSE標準普及WG

 標準化部会・VSE標準普及WG(座長:伏見諭、東海大学)が4月23日、JISA会議室で開催された。参加者は委員5名。

 本WGは小規模組織向けソフトウェア開発の国際規格ISO/IEC 29110(VSE:Very Small Entities)を活用するための解説書を作成している。本解説書は国際規格の第5部テクニカルレポートに書かれているプロセスの解説を主目的にして、短納期開発やソフトウェア開発プロジェクトでの関係者間での活用法など多くの場面での活用例を提示する構成となっている。

 また、本解説書では、プロジェクトを開始すべきかどうかの条件、検証及び妥当性確認に関するVSE規格の考え方など、ソフトウェア開発に関わる様々な事柄をトピックスとして紹介する予定である。

 今回の会議では解説書全体の骨格を固めることを目的とした。そのため個々のコンテンツの検討に加え、全体構成の再検討や体裁についても検討した。当初に企画した構成と現時点での最新の原稿案及び執筆状況とを見比べて、5章構成を6章構成に変更することになった。

 体裁に関しては、導入部、囲み記事、テンプレートの扱い、付録、参考文献、などについて検討した。

 次回は6月11日(火)に開催の予定。

(尾股)

このページの先頭へ▲