第8回 営業力向上コミュニティ

 平成28年3月9日、第8回営業力向上コミュニティ(幹事:中村寛文(株)リンクレア執行役員)がJISA会議室で15名の出席により開催された。

 最初に営業プレゼンテーションとして、事務局(溝尾)から「営業担当者が活用出来る最新情報技術動向」の発表を行った。情報技術マップ最新調査結果からみた技術動向、5年後も必要な技術予測から「クラウド」「セキュリティ」「情報分析」関連技術の注目が高いことを説明した。

 次に、中村幹事から「営業から見た”プロの技術者とアマの技術者”の違いについて」の発表があった。営業においては、技術者と目標を共有して顧客に利益向上をアピールすること、顧客の意思決定の半分は営業マンの人柄で決まること、トラブルを起こす人は同じ事を何度もやるため「トラブルは人に付く」こと等、経験に基づく話しがあった。

 最後に参加委員から、今年度のコミュニティ活動を振り返り、次のような意見・感想があった。営業ロールプレイングについて、他社の委員が積極的に取り組んでいて刺激を受けた、ロープレの経験で実際の商談で新規案件を獲得できた、自社内でもロープレを始めた等、すぐに効果が現れた。営業プレゼンテーションでは、各社の営業ノウハウ、海外の最新動向、情報技術マップの活用等、貴重な情報を得ることができ、社内でも情報共有ができた。また、コミュニティ企画として、12月に仙台で実施したデータセンター見学では、東日本大震災を乗り越えたセンターを見聞し、営業活動にも活かすことができた。異業種トップセールスとして損保業界で活躍する金刺氏の講演により、事前にあらゆることを想定しておくこと、顧客訪問前に鏡の自分を見つめて落ち着くこと、自分に自信を持つこと、悪い営業マンの要素を全て排除するように心掛けるようになった等、行動を変えることができたとの意見が多かった。次年度も参加するとの意見も多く、その際にはテーマ別ディスカッション、地域での開催、異業種トップセールス・セミナー等の要望があった。

 本コミュニティは、今年度から新たに活動が始まったが、中村幹事のリーダーシップにより一体感があり、お互いに刺激し合える場となった。平成28年度も継続する予定であり、参加者は随時募集しているため、関心のある方は事務局・溝尾までご連絡ください。 

(溝尾)

このページの先頭へ▲