第2回 要求開発事例研究会

 平成27年12月11日に第2回要求開発事例研究会(幹事:斎藤忍 NTT)が開催された。出席者は16名。

 今回は11/27(金)に開催されたJISA Digital Masters FORUM(JDMF) 2015-技術セッション(SPES)で発表のあった、2件の事例紹介があった。

 最初に、位野木万里委員(工学院大学)より、「ユーザ中心設計に向けての要求定義手法 Goal Directed Task Analysis の適用」についてプレゼンがあり意見交換を行った。

 次に、北川貴之委員(東芝ソリューション(株))より、ベストプレゼンテーション賞を受賞した「アジャイル開発における要求管理手法と適用評価」についてプレゼンがあり意見交換を行った。

 研究会参加委員は随時募集しているため、要求工学に関心のある方は是非参加して頂きたい。

 研究会は原則隔月での開催で、次回は2月に予定。 

(溝尾)

このページの先頭へ▲