第3回 ITアーキテクトコミュニティ

 平成27年11月17日、第3回 ITアーキテクトコミュニティ(座長:高橋 健一 (株)シーエーシー 執行役員)がJJK会館において、委員13名の参加を得て開催された。本年度は、情報システム開発におけるあらゆる場面において、ITアーキテクトがどのように振る舞うべきか議論することとしている。なお、本コミュニティは、参加者の能力向上を目的として参加者間の議論を中心に活動している。

 今回は、アプリケーションフレームワーク変更プロジェクトにおける、ITアーキテクトに求められる役割について議論した。検討は5つのステップ(「状況の把握」「課題の洗い出し」「解決策の検討」「解決策の評価」「アクションプラン」)を用いて整理した。 

(大原)

このページの先頭へ▲