第2回 「ソフトウェアの重要性を知ってもらう」コミュニティ

 平成27年11月20日、第2回「ソフトウェアの重要性を知ってもらう」コミュニティ(幹事:小野田祐子 TIS(株) 執行役員)がJISA会議室で開催された。出席者は委員6名、事務局2名の計8名。

  本コミュニティは、前回の議論より、ゲームなど身近なツールを使った子ども向けプログラミング体験イベントの企画・開催をしていくこととなった。

 今回の検討では、ツールとして「ハックフォープレイ」を取り上げること、教育委員会や小中学校にアプローチしてプログラミング教室の実施に向けた意見交換を行っていくこととなった。次回は教育現場との意見交換の結果を踏まえ、来年1月に開催する(予定)。 

(手計)

※「ハックフォープレイ」:https://hackforplay.xyz/

このページの先頭へ▲