第1回 マイナンバー活用推進コミュニティ

 マイナンバー活用推進コミュニティ(幹事:梅屋真一郎、(株)野村総合研究所)が8月25日、JISA会議室で開催された。11名が参加した。

 メンバーの自己紹介に続き、山田英二氏((株)NTTデータ)から今後の検討に向け、情報を共有するために「マイナンバー制度の現状及び活用検討分野」と題する講演が行われた。さらに、梅屋幹事からマイナンバー制度の活用分野について、政府へ要望をあげやすい現状であることなどが補足された。

 次に、当コミュニティの企画書(案)について検討した。マイナンバー制度が新たなビジネス創出の機会であるとして、利用分野の拡大に向けた検討と政府等関係者への働きかけなどを行うことが了承された。

 年末から以降の予定については、ユーザーのマイナンバー対応の支援など不透明なものの年度内を目途にメッセージをまとめる予定となった。

 一方、企画書(案)に記載されたマイナンバーの用語については、マイナンバー制度、マイナンバーカード、ITツールなどの意味が混在しており、我々の要望を明確にするためにも、分解度をあげて整理することになった。
次回開催は10月6日の予定。 

(尾股)

このページの先頭へ▲