第3回 技術連携コミュニティ OSS研究会

印刷ページを見る

平成26年2月21日、第3回技術連携コミュニティ・OSS研究会(幹事:寺田雄一 (株)オープンソース活用研究所)がTKP会議室において、委員19名により開催された。今回のテーマは「お客様への提案方法」で、(株)電通国際情報サービス 渥美俊英委員と寺田幹事の二人の事例発表が行われた。

渥美委員は同社のOSSを活用したシステムインテグレーション事例、人材活用と評価方法、社外コミュニティへの参加活動などをアピールすることが、顧客の安心感を醸成する、このような活動のベースがあってこそ、同社のOSSサポートが顧客に評価されていると説明した。実際、同社発のSeasarプロジェクトは情報発信を頻繁に実施継続しているとのことであった。

寺田幹事はOSSの取捨選択の基準、標準化への対応、人員の体制整備、代理店契約の成否等について、豊富な経験に基づき、OSSビジネスの実態を紹介した。

次回は5月12日開催の予定。

(鈴木)

 

このページの先頭へ▲