第3回 ITアーキテクトコミュニティ

 平成25年12月5日、第3回ITアーキテクトコミュニティがJISA会議室においてメンバー15名の出席により開催された。

 本コミュニティは、ITアーキテクトの仕事範囲、保有スキル、設計方法論、育成方法、認定制度、処遇等に関する会員企業間の情報交換を目的に設置された。

 第3回コミュニティでは、コミュニティメンバ3社より、自社におけるITアーキテクトの役割やITアーキテクトの育成方法について紹介があった。

 特に、ITアーキテクトの仕事を機能させる体制については、全社組織に位置づけ、プロジェクトを支援する体制をとる考え方と事業部等でプロジェクトの一員として役割を果たし、全社的には仮想的な体制を構築する考え方の2つに大別される。どちらを選択するかは社内事情により異なるものの、コミュニティの中では関心の高いテーマとなっている。

 来年3月にはITアーキテクトの重要性を発信するためのセミナーを開催する予定である。

(田原)

このページの先頭へ▲