第3回 政策委員会

 平成25年12月3日、第3回政策委員会(委員長:横塚裕志 東京海上日動システムズ(株) 顧問)がJISA会議室で開催された。参加者は、委員10名、事務局より河野副会長・専務理事はじめ8名、計18名。

 本委員会は、協会事業計画において、将来に向けた業界の舵取り及び社会に対する問題提起等を行う組織として、政策提言、他業界等との連携推進、JISA事業計画の企画立案、業界と社会との接点における諸課題への対応、業界広報の推進等を行うこととされている。

 第3回委員会では、最初に「番号制度の実施に向けた着実な取組について」として、11/22の理事会で配布説明された要望書「社会保障・税番号制度の円滑な導入のために」について、理事会以後の進捗状況や今後の見通しについて事務局より説明があり、その後意見交換が行われた。

 次に「平成26年度JISA事業計画について」として、策定作業のこれまでの経緯と今後の予定、及び正副会長ヒアリング等から抽出された論点(①最近の重要なIT施策への対応②我が国ユーザ企業の国際競争力強化へのITによる貢献③組織体制)について事務局より説明があり、その後フリーディスカッションが行われた。今後は、12/19の正副会長会議で骨子案が、1/7の理事会で計画案がそれぞれ提示される予定。

 最後に各部会の活動状況について、上期事業報告書をベースに事務局より説明があった。

(田畑)

このページの先頭へ▲