第1回 技術強化委員会 要求工学推進部会 REBOK企画WG

印刷ページを見る

平成25年11月15日、第1回要求工学推進部会REBOK企画WG(部会長:青山幹雄 南山大学)がJISA会議室で開催された。参加者は8名。当日は前年度からの継続活動である「要求工学実践ガイド」制作状況、「要求工学知識体系(REBOK)®英訳本」進捗状況、「要求開発研修」開催の検討を行った。

「要求工学実践ガイド」は、要求工学の実践を推進する一環として、JISA会員6社を中心に要求工学の実践事例をまとめたものである。要求工学の実践のための具体的な手引きとして利用され、要求工学の普及に資すると期待できる。本ガイドは一般書籍として、本年度中に発行される予定である(当初発行予定よりも半年遅れとなった)。

「要求工学知識体系(REBOK)®英訳本」は書き下ろし後、native checkに時間を要している。本年度中の発行を目指していたが、平成26年度中に発行できるようスケジュールの見直しを行った。

「要求開発研修」はソフトウェア開発現場のエンジニアに向けた、演習中心の実践的な研修(有料)で、REBOK®に基づきプログラムが構成されている。日程は平成26年2月27日(木)~28日(金)の二日間、JISA会議室で開催される。研修内容の詳細は12月以降、JISAウェブサイトでご紹介する。

次回は12月19日(木)開催予定。

(鈴木)

このページの先頭へ▲