第1回 技術連携コミュニティ

印刷ページを見る

平成25年10月7日、第1回技術連携コミュニティ・OSS研究会が開催された。参加者は24名。当日は座長の選任、各社のOSSビジネスへの取り組みと課題を情報共有した。

今年度、技術連携コミュニティではOSS(Open Source Software)ビジネスの普及、定着に資するための活動を行う。コミュニティのゴールは運営を進めながら検討するが、始めにOSSビジネスの課題を洗い出し、委員間でOSSビジネスに対する認識を共有するところから始める。

座長には平成17年度OSS研究会の主査を務めた、野村総合研究所、寺田雄一氏を互選した。OSSビジネスの課題認識にあたっては、各委員が (1)OSSビジネスをどう推進しているか、また推進していきたいのか、(2)OSSビジネスを推進する上での課題は何か、(3)OSSビジネスに関わる事例、の3つの観点で説明し、意見交換を行った。

今後は、本コミュニティとOSSビジネスの市場創造に尽力するオープンソースビジネス推進協議会(OBCI)様と連携し、会を運営していく予定である。

 (鈴木)

このページの先頭へ▲