国際連携委員会 全体会

印刷ページを見る

 平成25年10月8日、富士通(株)汐留シティセンター6階 プレゼンテーションルームにおいて、国際連携委員会(委員長:五十嵐 隆・富士通FIP(株)相談役)全体会が開催された。出席者は、57名。

 五十嵐委員長の開会挨拶の後、事務局および部会長・座長より各部会活動の状況と今後の予定について報告した。

 グローバルビジネス部会大須賀正之部会長((株)シーエーシー)からは7月末に開催した部会や9月末にバンコクで行われたASOCIO ICT Summit 2013について報告が行われた。また、企画運営WG伊藤整一座長((株)網屋)からは、9月に開催した第1回WGと今後の活動内容について報告された。

 パブリックポリシー部会の報告は海外出張中の横澤部会長にかわり事務局より報告した。特に、TPPを含む通商取引関連については、8月にJISAとしてのポジションペーパーを作成、発表しており、大澤浩委員より詳細な説明が行われた。

 引き続き、富士通総研の伊東千秋相談役より、「グローバルに活躍するために」というテーマでの講演が行われた。伊東氏は35歳で初めて海外出張に出た後、富士通の海外事業を次々と手がけ、50歳で米国PC販売会社社長に、また60歳で副社長の時には富士通の海外事業総責任者としてダボス会議に参加された。その幅広い海外経験に基づき、グローバルに活躍するために必要な考え方やスキルなどについて具体的に説明があり、非常に興味深い内容であった。

 会議終了後には懇親会が開催され、伊東相談役を含め約50名が参加し、懇談を行った。

 

(JISA国際部)

このページの先頭へ▲