第3回 国際委員会 グローバルビジネス部会

 平成24年12月11日(火)午後3時半より、平成24年度第3回グローバルビジネス部会が開催され、西島昭佳 部会長((株)NTTデータ)をはじめ、計35名が参加した。

 まず事務局より、JISA基本統計調査結果の一部を用いて、会員企業の海外進出の状況について紹介を行い、現在海外展開している会員企業は全体の1割強、その海外での売上高の合計(最上位1社を除き)は、全体の約1%であると説明があった。

 また、伊藤整一座長((株)網屋)よりワーキンググループの活動報告が行われ、JISAグローバル化支援サイトのアップデート状況についての説明が行われた。

 次に、ゲストとして、ニューヨークに本拠を置くITサービス産業に関わる調査・コンサルティング会社であるソリューションサービス社の鈴木奏氏より、米国のIT事例・IT動向について発表を行った。鈴木氏は、アメリカで普及しつつある新しいITサービスビジネスとして、広告収入のみで無償の管理・会計ソフトを中小企業向けに提供する事例や、キャッシュはATMではなくお店のレジから出すキャッシュレスATMというビジネスモデル、また、クラウドを使った新しいサービスや、アメリカでのモバイルペイメントの動向についても紹介した。

 次に、JETROニューヨーク事務所和田 恭 氏からは「米国のIT最新動向」と題し、スマートフォンやタブレット端末の普及状況、ソーシャルメディアの浸透、クラウドサービスの進展などについて説明が行われた。

 会議後は、簡単な飲み物とおつまみを用意して、引き続き意見交換を行った。

(山本)

このページの先頭へ▲