第1回 国際委員会

 平成24年7月5日、JISA会議室で第1回国際委員会(委員長:五十嵐隆・富士通FIP 相談役)が開催された。出席者は20名。

 冒頭、委員長より、理事交代に伴い国際委員会のメンバー交代があったこと、委員会と部会の風通しをよくするために、部会長・副部会長の方々にも参加頂くことにしたことについて紹介があった。

 まず、事務局より、今年度国際委員会の活動体制、活動企画書、年間計画について、資料に基づき報告し、了承された。

 続いて、事務局より、6月までの間、ASOCIO年央会議、日台ビジネスアライアンス交流会、日韓セミナー・韓国ICT視察、WITSA春期定例会議等の国際交流を実施してきたこと、引き続き国際公共政策ワークショップ、日中情報サービス産業懇談会、日本IT企業合同北京新卒大学生募集会、世界情報技術産業会議(WCIT 2012)参加に関する企画について紹介し、協力をお願いした。

 最後に経済産業省情報処理振興課石田照幸課長補佐より、IT人材育成の国際展開に関する政策について説明があり、その後意見交換と質疑応答をおこなった。

 経済産業省では、[1]国内産業の育成による雇用創出、[2]グローバル展開に向けた環境整備、の2点から、情報処理技術者試験の相互認証とITSSのアジア展開を進め、ASEAN-ICTスキル標準を構築していく考え。一方、ASEANでは、ASEAN共同体を目指したコネクティビティ・マスタープランにおいて、優先すべき15のプロジェクトのうちの1つとしてICTに関するスキル標準の開発を掲げており、連携が行われることになる。

 最後に五十嵐委員長より、次回国際委員会は10月初旬を目途として各部会のメンバーも含む全体会の形式で開催する予定であることが告げられ、閉会となった。

(山本)

このページの先頭へ▲