第3回 技術委員会 技術調査部会 情報技術マップWG

印刷ページを見る

 平成24年9月6日、第3回 技術委員会 技術調査部会 情報技術マップWG(座長:亀津 敦、(株)野村総合研究所)が、JISA会議室において、委員9名の出席により開催された。前回に引き続き本年度調査する要素技術の検討を進めた。

 開発言語に関する要素技術では、「COBOL」「VisualBasic」「Java」「C/C++」といった高い実績がある開発言語や、「Perl」「PHP」「Python/Jython」「Ruby/JRuby」「JavaScript」「Objective-C」といったWebシステム/スマートフォンアプリケーション開発で多く利用される開発言語について調査する。

 本年度は14カテゴリ120個の要素技術について調査することとなった。10月中旬から実施する予定である。

(大原)

このページの先頭へ▲