第6回 技術委員会ソフトウェアエンジニアリング部会REBOK WG

 平成24年10月26日、要求工学を調査研究する、REBOK企画WG(座長:青山幹雄 南山大学教授)が開催された。出席者は6名。

 前回の継続活動として、REBOK関連書籍シリーズのうち、要求開発方法論と事例をまとめた実践ガイドの目次と概要を持ち寄り検討した。4~5社の要求開発方法論を掲載する予定で,来年3月の発行を予定している。

 また本WGではREBOKの普及活動として、関連機関での講演活動や学会での論文発表を続けているが、10月にはITコーディネータ協会、11月はitSMF EXPO、12月はアジア太平洋ソフトウェア工学国際会議:ASPECで講演する、来年4月には情報処理学会デジタルプラクティスに要求工学特集号のゲストエディタとして論文発表を行う。

 今後も普及に資する書籍の刊行や講演活動、論文発表を継続する。

JISA技術委員会ウェブサイト https://www.jisa.or.jp/tech/

(鈴木)

このページの先頭へ▲