第5回 技術委員会 ソフトウェアエンジニアリング部会 SPES企画WG

平成25年1月17日、第5回技術委員会ソフトウェアエンジニアリング部会SPES企画WGが開催された。出席者14名。今回新たに1名の委員が参加され、1名の交代があった。

当日はSPES2013の重点テーマを確定し、シンポジウムのプログラム構成、経験報告及び研究成果募集案の検討を進めた。

SPES2013「みんなの知恵で取り組むクラウド/ビッグデータ時代

~新たなビジネスの創造~」 開催決定!

日時:2013年7月24日(水)~25日(木) 二日間

場所:秋葉原UDXカンファレンス

シンポジウムの一日目は、当産業の将来を先取りした重点テーマに沿って、講演及びパネルディスカッションを中心にプログラムを構成する。二日目は従来より本シンポジウムが継続的に実施している「現場による現場のための」実践事例を中心にプログラムを構成する。講演者は、随時SPES2013ウェブサイトで紹介する。

また二日目の事例発表は、例年同様JISA会員のみならず、広く業界内外を対象に、情報システムやソフトウェア開発の現場での経験報告または研究成果の公募を行う。公募案内は2月上旬に公開するので、奮ってご投稿いただきたい。例年投稿の中からベストプラクティス賞(1~2件)、ベストプレゼンテーション賞(2~3件)を授与している。

今後のSPES2013のスケジュールは以下の通り。

2~4月:経験報告及び研究成果募集(公募)、4月下旬締切

5月中旬:論文選考

5月下旬:シンポジウム参加者募集開始(早期申込割引有り)

6月末:早期申込割引終了

7月24,25日:シンポジウム開催

なお過去のSPESの活動については、SPESウェブサイト

https://www.jisa.or.jp/seminar/SPES_index.htmlをご覧頂きたい。

(鈴木)

このページの先頭へ▲