第1回 市場委員会 契約部会 債権法改正対応WG

 平成24年7月17日、第1回市場委員会契約部会債権法改正対応WG(グループ長:大谷和子、(株)日本総合研究所)が、JISA会議室において開催された。会議は、同部会のメンバー7名に加え、経済産業省商務情報政策局情報処理振興課から松永武志係長、経済産業省商務情報政策局情報経済課から中内大介係長の参加を得て行われた。

 当日は、法制審議会民法(債権関係)部会での審議状況を共有した後、民法(債権関係)の改正に係る取組としてJISAが平成23年3月に、報告書「民法(債権関係)改正に伴い考慮すべき情報サービス取引上の課題」として問題意識を整理し、同年6月7日に開催された法制審議会民法(債権関係)部会第27回会議で提言した内容について大谷座長が報告した。その後は、請負人の瑕疵担保責任に関する1年の除斥期間について、民法上の規律の意義等を中心に意見交換が行われた。

 また、経済産業省からは、同省における法制審議会民法(債権関係)部会への対応状況が紹介された後、今後審議が予定されているライセンス契約について法的性質等が紹介され、民法に規律を新設することの必要性如何等について意見交換が行われた。

(茂木)

このページの先頭へ▲