第2回 ビジネス基盤強化委員会

 平成25年10月8日、第2回ビジネス基盤強化委員会(委員長:原孝 (株)リンクレア 代表取締役会長)がJISA会議室において、委員等19名の参加を得て行われた。

 冒頭、原委員長が「10月2日に行われたJISAコンベンション2013には昨年を上回る実に多くの参加があり、活気があった。テーマ設定も示唆に富むものであり、充実した機会となったと感じている。JISAの活動にはさまざまな機会があるが、チャンスを生かしていくことが重要である」と述べた。

 その後、ビジネス基盤強化委員会に設置された3つの部会(「ビジネス基盤部会」「データセンター部会」「ダイバーシティ部会」)及び4つのコミュニティ(「ITアーキテクトコミュニティ」「技術連携コミュニティ」「大学非常勤講師ネットワーク」「会員連携コミュニティ」)について活動報告が行われた。

 続いて、「JISAのプレゼンス向上に向けて」というテーマでフリーディスカッションが行われた。ディスカッションでは、概ね以下の意見が出た。

・業界のイメージや地位、存在感を高めていきたい。
・クリエイティブな仕事を増やし、SEにとっての魅力を高めていくことが情報サービス産業及びJISAのプレゼンス向上につながる。
・情報サービス産業が魅力を増していくには、顧客からも認められるような存在であることが重要である。
・採用活動の中で業界における働き方のイメージを丁寧に伝え、就職後の状況とのギャップを少なくすることが重要ではないか。
・JISAが発信する情報は貴重である。JISAは我が国を代表する情報サービス業界団体として、会員企業以外の小規模事業者や地方にある情報サービス企業に対しても情報発信を強め、プレゼンスを高めていただきたい。
・JISAのこれまでの活動をよく見ると、取引構造の改革を含め、業界各社が直面している課題の解決に資する活動が多い。まずはJISAの諸活動をよく理解することが重要である。

 (茂木)

このページの先頭へ▲