電子教材のご案内
ICTカレッジオリジナルの一部研修コースにおいて、電子教材を活用しております。
電子教材対象コースは、「電子教材対象コース一覧(PDF)」をご覧ください。
『電子教材対象コース一覧』 [2021年8月18日 更新]
※ 電子教材対象コースで配布する教材は、電子教材のみです。(紙教材の配布はありません)
 但し、補足資料など一部資料について紙で配布する場合もございます。
※ 新入社員研修でも一部のコースを除き、電子教材を使用します。
 新入社員研修の電子教材は活用方法も異なります。詳細は、「新入社員研修電子教材のご案内」をご覧ください。
※ 電子教材のID/パスワードがご不明の方は以下までお問い合わせください。
(委託先)株式会社富士通ラーニングメディア お客様総合センター
電話番号 : 0120-55-9019
電子教材のメリット
 受講前の予習も可能に!
電子教材は3営業日前からダウンロード可能なため、電子教材を利用して事前に予習できます。受講前に講師への質問などを整理しておくこともできます。

(注)ただしコース特性により、紙教材を当日配布し、演習データのみ講習会終了日の翌日からダウンロード可能なコースもございます。
コース内で使用する教材(資料)のダウンロード開始日は、資料毎に異なるため、資料ダウンロード画面でご確認ください。
 自分オリジナルの学習メモを作成できる!
電子教材のPDFには、ソフトウェア(Adobe Acrobat Reader)の注釈機能を利用して、学習メモ(テキストやハイライト、下線など)を追記できます。
講習会受講時に作成した学習メモを利用して、講習会修了後も効果的に復習できます。
 教材の持ち運びや収納が楽に!
電子教材は、自宅や会社などのインターネット環境さえあれば、電子教材配信サービス(KnowledgeR@ck)からダウンロードして利用できます。そのため、研修会場から重い教材を持ち帰る手間や、紙教材の収納場所に困ることがなくなります。
 ペーパーレスでエコに!
電子教材は、印刷物を削減できるため、環境に配慮したエコな教材です。
ICTカレッジオリジナル研修コースの電子教材活用イメージ
ICTカレッジオリジナル研修コースの電子教材のご留意事項など
  • 電子教材のご利用方法は、受講開始の3営業日前に、委託先である(株)富士通ラーニングメディアよりメールにて送付します。
  • 電子教材はダウンロードしてご利用いただけますが、ダウンロード開始日は、教材により、以下の2パターンあります。コースによっては、効果的な学習ができるように、講習会終了日の翌日からのみダウンロード可能な教材(演習解答例など)があります。
    ○講習会開始日の3営業日前からダウンロード可能
    ○講習会終了日の翌日からダウンロード可能
  • 教室には、講習会中に利用する電子教材(PDF)が準備されています。
  • 講習会中は、電子教材にご自身の学習メモ(注釈)を追記できます。
  • 電子教材と学習メモ(注釈)は、講習会終了後30日間ダウンロード可能です。それ以降のダウンロードはできませんので、ご注意ください。
  • 講習会会場で電子教材の印刷はできません。
  • 電子教材のダウンロードを行う場合、必ず「電子教材利用規約」をお読みください。
ベンダーコースの電子教材について
オラクル認定コース、マイクロソフト認定コースでは、各ベンダーの提供する電子教材閲覧サービスをご利用いただきます。(マイクロソフト認定コースにつきましては、一部のコースにて提供を開始し、順次対象コースを増やしております)
閲覧、ダウンロード方法につきましては、各ベンダーごとに異なりますので、各ベンダーから事前に送信されるメールをご確認ください。