第1回 企画委員会 戦略プロジェクト部会

 戦略プロジェクト部会(部会長:磯部悦男、三菱総合研究所)は5月30日、第1回会議を開催した。出席は委員9名、オブザーバ2名であった。
部会長及び事務局から、既に企画委員会で了承を得ている戦略プロジェクト部会企画書案及び方針検討の資料「戦略プロジェクト部会の進め方について」説明が行われた。

 活動方針の検討に入る前に、委員間で情報の共有を図る目的で、引き続き、部会長から最近の医療連携ネットワークの動向に関連して、東日本大震災被災地域等に対して大型の補正予算が確保されたこと、医療関係者から医療連携ネットワーク推進に向けた提言が相次いでいること、ビジネスベースでクラウド型(SaaS型)の電子カルテや中核病院レベルの医療連携ネットワークの導入事例が出はじめていることなどが紹介された。

 更に、具体例として富士通エフ・アイ・ピーの鈴木委員から長崎あじさいネットなどNECとも連携した導入事例の紹介があった。

 今後の活動方針については、医療連携ネットワークの進展とわが国の医療問題の解決に寄与すること、医療分野の情報サービス市場が拡大し、当業界の業績向上に貢献することになった。

 また、今年度上期をメドに、医療連携ネットワークの訴求に寄与するレポートを作成することになり、8月までの計5回の部会開催スケジュールを決めた。

(尾股)

このページの先頭へ▲