コース概要

【サテライト】パブリッククラウドのシステム構成設計~社内業務システムの移行~

学習形態 [ サテライト ] コースコード USI52L
コース概要 既存オンプレミスシステムをクラウドで稼働させる際には、PaaSとIaaSを組み合わせて利用することが多くなります。そのためクラウドのシステム構成設計を行う際にはPaaSとIaaSの特徴を適切に理解することが重要になります。本コースではMicrosoft AzureのPaaSとIaaS機能を元に、要件に応じた最適なシステム構成設計を行う際のノウハウを学習します。
到達目標

本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。

  1. システム要件に応じたPaaSとIaaSの使い分けが理解できる
  2. システム要件に応じた適切な運用管理(監視およびバックアップ)の構成設計が理解できる
  3. システム要件に応じた適切な障害対策の構成設計が理解できる
対象 パブリッククラウドの利用する際に、要件に応じた実践的なシステム構成設計を行うノウハウを学びたい方
前提知識 「Microsoft Azure入門」(UCV68L)コースを修了、またはパブリッククラウドの基本的な知識(仮想マシン、仮想ネットワーク、PaaS、IaaSなどのキーワードを理解している)があること
会員価格
(会員紹介含む)
44,000円(税込)
非会員価格 55,000円(税込)
期間 1日間
レベル 入門・基礎
注意事項 本コースは、「パブリッククラウドのシステム構成設計~社内業務システムの移行~」(UBU47L)コースのサテライト版です。サテライト会場でのコース内容ならびに実習に関する質問対応などは、品川ラーニングセンターの講師が行います。
備考

前のページへ戻る