コース概要

OpenShift Administration III Scaling Deployments in the Enterprise

学習形態 [ 講習会 ] 提携コース コースコード UMI86L
コース概要 提携先コース名「Red Hat OpenShift Administration III: Scaling Kubernetes Deployments in the Enterprise (DO380)」 は、エンタープライズにおける OpenShift クラスターの計画、実装、および管理に必要なスキルを拡張します。大規模なデプロイメントを実現するために、増加するステークホルダー、アプリケーション、ユーザーをサポートする方法を学びます。このコースは、Red Hat OpenShift Container Platform 4.5 をベースにしています。
到達目標

本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。

  1. より高いパフォーマンスと可用性を備えた本番クラスターを確立するためのタスクの自動化する方法を習得する
  2. OpenShiftをエンタープライズ認証、ストレージ、CI / CD、およびGitOpsシステムと統合して、IT運用の生産性と組織の標準への準拠を向上させる方法を習得する
  3. クラスターオペレーターと計算能力に関する問題を特定するためのトラブルシューティング手法を習得する
対象 ・プロダクションレベルの OpenShift クラスタの計画、設計、実装に焦点を当てたクラスタエンジニア (システム管理者、クラウド管理者、またはクラウドエンジニア) 。
・OpenShift クラスタとアプリケーションを中断することなく実行し続けることに焦点を当てたサイト信頼性エンジニア (SRE) 。
前提知識 ・Red Hat OpenShift Administration II (DO280) を修了し、Red Hat 認定 OpenShift 管理スペシャリストを取得。
・Red Hat システム管理 II (RH134) を修了し、Red Hat 認定システム管理者(RHCSA)を取得。
・必須ではありませんが、Red Hat 認定システムエンジニア(RHCE)または Ansible オートメーションの Red Hat 認定スペシャリストになることを推奨します。Ansible プレイブックの作成と実行に関する基本的な知識が必要です。
会員価格
(会員紹介含む)
217,800円(税込)
非会員価格 242,000円(税込)
期間 4日間
レベル 応用・実践
注意事項
  1. 本コースは、レッドハット株式会社との提携コースのため、提携先で開催します。コース実施・運営のため、受講者の個人情報を提携先企業に提供します。利用目的等についてはICTカレッジの個人情報保護ポリシー及び個人情報の取り扱いについてを参照してください。
  2. 申込み、日程変更/キャンセル締切日は、コース開始日の15営業日前です。提携企業のコースのため、申込み受付後に満席となった場合は受講できないことがあります。あらかじめ了承ください。
  3. 提携先でのコース名は「Red Hat OpenShift Administration III: Scaling Kubernetes Deployments in the Enterprise (DO380)」です。
電子教材 ICTカレッジオリジナルの研修コースにおいて、電子教材の使用を開始しております。電子教材を使用するコース一覧は「電子教材のご案内」ページよりご確認ください。ベンダー認定コースにつきましては、各ベンダーが提供する電子教材閲覧サービスを利用いただく場合がありますので、上記の「注意事項」にてご確認ください。
備考

前のページへ戻る