コース概要

【ライブ】OracleDatabase:PL/SQLプログラム開発

学習形態 [ ライブ ] コースコード UBG06R
コース概要 PL/SQLによるストアド・プロシージャ、ファンクション、トリガ、およびパッケージの開発・運用・管理方法およびPL/SQLサブプログラム間の依存関係、動的SQLによるコーディング・フレキシビリティの向上方法を講義と実習により学習します。実習では、プロシージャ、ファンクションの作成、動的SQLによるコーディング・フレキシビリティの体験、およびトリガによるビジネス・ルールの実装を行います。(演習環境はOracle Database 19cを使用します)
到達目標

本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。

  1. ストアドプロシジャ、ファンクション、パッケージ、トリガを作成および管理ができる。
  2. 動的SQLによる柔軟なコーディングができる。
  3. Oracle提供のUTL_FILE、UTL_MAILパッケージを使用できる。
  4. PL/SQLプログラム間の依存関係を管理できる。
対象 PL/SQLを使用したデータベース・アプリケーション開発を担当する方。
前提知識 「OracleDatabase:PL/SQL基礎」コースを修了、またはPL/SQLに関する構造(宣言部、実行部、例外処理部)を理解し、無名PL/SQLブロックが作成できること。
会員価格
(会員紹介含む)
211,200円(税込)
非会員価格 264,000円(税込)
期間 3日間
レベル 応用・実践
注意事項
  1. 日本オラクル認定コースをICTカレッジから提供するもので、コース実施およびメール送信のために受講者の個人情報(氏名、会社名、住所、E-mailアドレス)を日本オラクルおよび米国オラクルに提供します。
  2. eKitや説明動画などを含む、オラクル社コンテンツのELS (Event Learning Subscription)へのアクセス通知は、コース開始の7~4営業日前にオラクル社よりメールでお知らせいたします。
  3. ELSへのアクセスはアクセスキー送付後90日間となりますが、eKit参照はコース開始日の4~2営業日前からとなります。なお、2021年1月からオラクル社認定コースのテキスト(eKit)はダウンロードおよび印刷不可となり参照のみのご提供形式に変更となりました。ご了承ください。
  4. ELSの利用方法は、アクセスキー記載のメール文内、およびオラクル社サイトからご確認ください。動作環境などのお問合せは関連情報からご確認ください。
  5. 本コースはオンライン(ライブ配信)です。ご自宅などからご受講いただくコースです。お申込み、日程変更/キャンセル締切日は、コース開始日の9営業日前です。締切後のキャンセルはできませんのでご注意ください。
電子教材 ICTカレッジオリジナルの研修コースにおいて、電子教材の使用を開始しております。電子教材を使用するコース一覧は「電子教材のご案内」ページよりご確認ください。ベンダー認定コースにつきましては、各ベンダーが提供する電子教材閲覧サービスを利用いただく場合がありますので、上記の「注意事項」にてご確認ください。
関連情報 ELSの動作環境に関する注意事項、および利用方法については、こちらをご確認ください。
備考

前のページへ戻る