コース概要

【集合】ITサービスマネジメント基礎ワークショップ(ITIL(R)V3対応)(バウチャーつき)

学習形態 [ 講習会 ] コースコード UAX58L
コース概要 ITサービスを適切に活用するには、関係するサービスレベルや変更などのさまざまな要素を効率的、効果的にマネジメントする必要があります。本コースでは、ITサービスマネジメントのベストプラクティスであるITIL(R)2011について、講義と演習により学習します。演習では、ITサービスマネジメントの事例と、ITILを構成するプロセスの比較、分析を行い、ITILを構成するプロセスの理解を深めます。3日間の研修に後日試験センターで受験を行っていただくためのバウチャーチケットをセットにしたものとなります。〔PDU:Technical 21〕〔ITCA認定番号:ITCC-CPJI8047〕
到達目標

本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。

  1. ITサービスマネジメントとITIL(R)2011の重要性を理解する。
  2. ITIL(R)2011を構成するプロセス、機能について学習し、ITサービスマネジメントを実践する。
  3. ITIL(R)2011 Foundation資格を取得する。
対象 ITサービスを提供、利用する方。システムおよびネットワーク管理者、マネージャ。
前提知識 「【集合】基礎から学ぶシステム運用管理・実践トレーニング~障害管理、変更管理など~」(UUW67L)コースを修了、またはITサービスの提供、利用経験があること。
会員価格
(会員紹介含む)
139,920円(税込)
非会員価格 174,900円(税込)
期間 3日間
レベル 入門・基礎
ITSSレベル:
  【ITサービスマネジメント育成】 ‐ メソドロジ[3]
注意事項
  1. 試験はご自身で日時予約の上、試験センター(プロメトリック)で受験いただきます。
  2. 試験センターでの受験時の条件などは、直接試験センターにご確認ください。
  3. 旧「ITサービスマネジメント基礎ワークショップ(ITILv3対応)(試験つき)」(UAW64L)コース、旧「ITサービスマネジメント基礎ワークショップ(ITIL2011対応)(試験つき)」(UAW90L/UAX13L/UAX17L/UAX30L)と内容が一部重複しています。
  4. 本コースは、ITIL導入手順やITIL導入事例を学習するコースではありません。ITIL2011の用語やプロセスを学習するコースです。
  5. ICTカレッジの委託先である(株)富士通ラーニングメディアは、株式会社ITプレナーズジャパン・アジアパシフィックとアフィリエイト契約を締結しています。※株式会社ITプレナーズジャパン・アジアパシフィックは、PeopleCert認定教育機関(ATO)です。
電子教材 ICTカレッジオリジナルの研修コースにおいて、電子教材の使用を開始しております。電子教材を使用するコース一覧は「電子教材のご案内」ページよりご確認ください。ベンダー認定コースにつきましては、各ベンダーが提供する電子教材閲覧サービスを利用いただく場合がありますので、上記の「注意事項」にてご確認ください。
備考

前のページへ戻る