コース概要

事例で学ぶ!Excel VBA 実践トレーニング

学習形態 [ 講習会 ] コースコード UUF13L
コース概要 Excel VBAを使用して業務を自動化する際に必要な、汎用性の高いプログラミング手法を学習します。実習では、実装パターン(学習した開発技術を適用した処理)ごとの問題を豊富に用意していますので、自身の習得優先度やペースに合わせて進められます。※本コースでは前提知識に関する講義はありませんので、言語経験のない方は前提コース「基礎から学ぶ!Excel VBAによる業務の自動化」(UUL80LまたはUEL32B)を受講してください。
到達目標

本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。

  1. 開発を効率的に行うために、ツールを使用したデバッグができる。
  2. データを抽出・並べ替え・検索する処理を自動化できる。
  3. 複数ブックのデータを1ブックにまとめることができる。
  4. CSVファイルのデータを取り込んで利用できる。
  5. ユーザーフォームを使用し、利用者が操作しやすいユーザーインターフェイスを作成できる。
対象 業務処理に活用できるExcel VBAによるさまざまな実装例を知りたい方。
前提知識 「基礎から学ぶ!Excel_VBAによる業務の自動化」(UUL80L_または_UEL32B)コースを修了、あるいは同程度(プログラミング要素、イベントプロシージャ、変数、定数、制御構文、ユーザーフォーム_など)の知識があること。
コース詳細 学習項目 タイムテーブル
会員価格
(会員紹介含む)
33,440円(税込)
非会員価格 41,800円(税込)
期間 1日間
レベル 応用・実践
ITSSレベル:
  【共通スキル】 ‐ テクノロジ/メソドロジ[0-1]
注意事項
  1. 「事例で学ぶ!Excel VBA実践トレーニング(eラーニング)」(UEL60B、UEL65B)コースを受講済みの方は、内容が重複します。
  2. VBA経験者の方は、すでに習得済みの内容も含まれますので、学習項目で詳細を確認ください。
  3. 実習は、Microsoft Excel 2016、2019、Microsoft Excel for Office 365(バージョン2002)で動作検証済みです。
電子教材 ICTカレッジオリジナルの研修コースにおいて、電子教材の使用を開始しております。電子教材を使用するコース一覧は「電子教材のご案内」ページよりご確認ください。ベンダー認定コースにつきましては、各ベンダーが提供する電子教材閲覧サービスを利用いただく場合がありますので、上記の「注意事項」にてご確認ください。
備考  

申込要項   空席状況

前のページへ戻る ↑ページの先頭へ