コース概要

サイバーセキュリティリスク分析基礎

学習形態 [ 講習会 ] コースコード USA71L
コース概要 ビジネス環境の変化に対応したセキュリティ対策を行うためには、リスクと脅威を洗い出し、対策優先順位を判断し、適切な投資をしなければなりません。そのためには、国際的な規格、ガイドラインをベースに体系的に学習する必要があります。本コースでは、企業の情報システムやIoTなど、さまざまな分野で活用できるセキュリティリスク分析手法を講義と演習を通じて習得します。また、単一の手法でなく、複数の手法を組み合わせることにより、業務環境に合わせて応用力も身につけます。
到達目標

本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。

  1. 各種情報源から脆弱性・脅威の情報を収集・分類し、対象システムへの影響度などを説明できる。
  2. ISO/IEC27001で利用されるリスク分析手法を説明できる。
  3. ISO/IEC15408における脆弱性分析手法を説明できる。
対象 新規ビジネスや既存ビジネスにおいてサイバーセキュリティリスクを分析する方。
前提知識 サイバー攻撃の最新手口と、攻撃に対する防御方法の概要を理解していること。また、セキュリティインシデント対応の流れと進め方、サイバー攻撃に対する組織としての対処方法を理解していることが望ましい。
会員価格
(会員紹介含む)
88,000円(税込)
非会員価格 110,000円(税込)
期間 2日間
レベル 応用・実践
ITSSレベル:
  【ITスペシャリスト育成】 ‐ テクノロジ[3]
注意事項 富士通社員(グループ会社含む)の方で、セキュリティマイスター認定制度のエキスパート領域を目指す方は、本コースが対象コースです。
電子教材 ICTカレッジオリジナルの研修コースにおいて、電子教材の使用を開始しております。電子教材を使用するコース一覧は「電子教材のご案内」ページよりご確認ください。ベンダー認定コースにつきましては、各ベンダーが提供する電子教材閲覧サービスを利用いただく場合がありますので、上記の「注意事項」にてご確認ください。
備考  

申込要項   空席状況

前のページへ戻る ↑ページの先頭へ