コース概要

クラウドサービス活用におけるセキュア環境構築入門 ~利用者側で必要な管理策の把握~

学習形態 [ 講習会 ] コースコード USA55L
コース概要 クラウドサービスの普及に伴いクラウド特有の情報セキュリティリスクへの対応が必要となってきています。本研修では、クラウドサービスを安全に利活用するための環境構築方法について、ISMSにおけるリスク管理とJIS Q 27017のガイドラインをベースにしながら体系的に講義と演習を通して学習します。
到達目標

本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。

  1. クラウドサービス導入における情報セキュリティの必要性と、リスクに応じた対策の考え方が説明できる。
  2. クラウドサービス特有のリスクを把握し、適切な管理策についてガイドラインを活用しながら列挙できる。
  3. クラウドサービスを安全に利活用できる環境の構成を把握し、その実現に必要な対応が説明できる。
対象 これからクラウドサービスを活用してセキュア環境の構築や運用を担当する方。
前提知識 「情報セキュリティ対策実践シリーズ基礎から学ぶセキュア環境構築・運用入門編」(USA04L)コースを修了、または情報セキュリティ対策技術の基本となるアクセス制御、認証、暗号、ウイルス対策などの知識を有していること。
コース詳細 学習項目 タイムテーブル
会員価格
(会員紹介含む)
66,880円(税込)
非会員価格 83,600円(税込)
期間 2日間
レベル 応用・実践
ITSSレベル:
  【ITスペシャリスト育成】 ‐ テクノロジ[3]
  【ITサービスマネジメント育成】 ‐ メソドロジ[3]
電子教材 ICTカレッジオリジナルの研修コースにおいて、電子教材の使用を開始しております。電子教材を使用するコース一覧は「電子教材のご案内」ページよりご確認ください。ベンダー認定コースにつきましては、各ベンダーが提供する電子教材閲覧サービスを利用いただく場合がありますので、上記の「注意事項」にてご確認ください。
備考  

申込要項   空席状況

前のページへ戻る ↑ページの先頭へ