コース概要

CEHv11 ライブ配信講座(認定ホワイトハッカー)

学習形態 [ ライブ ] 提携コース コースコード USA08R
コース概要 手口、脅威、ツール、攻撃手法を学ぶことにより、「現実の攻撃手法」を体系的に理解し、ホワイトハッカーとして「攻撃者視点」の判断力を養い、効果的な防御に生かすことを習得ができるプログラムです。v11では最新のケーススタディ、現在の傾向などや、クラウドとIoTに関する専用モジュールで学習することができます。受講後iLabs(オンライン接続の仮想演習環境)が6か月間使用可能です。ICTカレッジからお申し込みの場合、電子テキスト(PDC形式)のほかにテキスト(紙)が付属します。
到達目標

本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。

  1. セキュリティ管理・セキュリティコントロールの振り返りとホワイトハッカーの倫理の習得
  2. 各レイヤーの攻撃ツールの操作方法の習得。攻撃シナリオの理解、攻撃を回避する手法の習得
  3. 暗号技術の理解、クラウド等様々状況における攻撃者視点の理解
  4. 国際認定資格認定ホワイトハッカーの認定試験の合格
対象 情報セキュリティの専門家/責任者/監査人、Webサイト管理者、ホワイトハッカーを目指す人
前提知識 サイバーセキュリティ技術に関するある程度のスキル(3年~5年のセキュリティに関わる経験をを有していること)
例:CNDの資格保持者または同等のスキル保持者
会員価格
(会員紹介含む)
493,020円(税込)
非会員価格 547,800円(税込)
期間 5日間
レベル 応用・実践
注意事項
  1. 本研修はオンライン研修です。ICTカレッジからお申し込みの場合、電子テキスト(PDC形式)のほかにテキスト(紙)が付属します。
  2. 受講後iLabs(オンライン接続の仮想演習環境)が6か月間使用可能です。
  3. CEH認定試験費用1回分を含みます。ICTカレッジからお申し込みの場合、試験はピアソンVUEの試験センターでの受験となります。
  4. コース実施のため、受講者の個人情報(会社名、所属、氏名、電話番号、Emailアドレス)を提携企業に提供します。申込み、日程変更/キャンセル締切日は、コース開始日の14営業日前です。
  5. ライブ配信受講のための接続情報はGSX社からメールにて送付されます。確認をお願いいたします。開催日が土日に跨る場合、営業日の開催となります。
電子教材 ICTカレッジオリジナルの研修コースにおいて、電子教材の使用を開始しております。電子教材を使用するコース一覧は「電子教材のご案内」ページよりご確認ください。ベンダー認定コースにつきましては、各ベンダーが提供する電子教材閲覧サービスを利用いただく場合がありますので、上記の「注意事項」にてご確認ください。
備考  

申込要項   空席状況

前のページへ戻る ↑ページの先頭へ