コース概要

CND v2 3日間コースライブ配信講座(認定ネットワークディフェンダー)

学習形態 [ ライブ ] 提携コース コースコード USA07R
コース概要 CNDv2では、ネットワーク技術者やCSIRT担当者がITセキュリティインシデントの初期段階からセキュリティに関する¨防御、検出、対応¨に加え新たに”予測”が含まれたことで、ネットワークのセキュリティ問題に効果的に対処するために包括的なアプローチを行うトレーニングです。企業や組織における事業の悪化を最小化し、リスクを排除することが出来るようにするためのスキル習得プログラムです。本コースは受講後にiLab(オンライン接続の仮想演習環境)が6か月間使用可能になります。コース内ではこちらの利用方法についてご説明しますが、3日間のライブ配信日程中、演習時間は基本的に設けません。受講終了後にオンライン接続して自己学習していただく演習形態になります。ICTカレッジからお申し込みの場合、電子テキスト(PDC形式)のほかにテキスト(紙)が付属します。
到達目標

本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。

  1. 自組織で要求されるセキュリティ管理の習得
  2. セキュリティインシデントの分析と対応を習得
  3. 基本的なセキュリティコントロール・技術スキルの習得
  4. 国際認定資格ネットワークディフェンダーの認定試験の合格
対象 情報セキュリティ対策に必要なスキル習得をしたいネットワーク技術者および企業のCSIERT・SOCの技術者
前提知識 ネットワークの概念についての基礎的な知識を有していること(ネットワーク技術・運用で2~3年程度の経験)
例:Cisco CCNA、CompTIA Security+の資格保持者または同等のスキル保持者
会員価格
(会員紹介含む)
295,020円(税込)
非会員価格 327,800円(税込)
期間 3日間
レベル 応用・実践
注意事項
  1. 本研修はオンライン研修です。ICTカレッジからお申し込みの場合、電子テキスト(PDC形式)のほかにテキスト(紙)が付属します。
  2. 研修日程では講義部分のみ実施し、演習部分は後日iLabs(オンライン接続の仮想演習環境)を使用して自身で確認する方式です。
  3. 受講後iLabs(オンライン接続の仮想演習環境)が6か月間使用可能です。CND認定試験費用1回分を含みます。
  4. 本コースはグローバルセキュリティエキスパート株式会社(GSX)との提携コースのため、提携先で開催します。
  5. コース実施のため、受講者の個人情報(会社名、所属、氏名、電話番号、Emailアドレス)を提携企業に提供します。申込み、日程変更/キャンセル締切日は、コース開始日の14営業日前です。
電子教材 ICTカレッジオリジナルの研修コースにおいて、電子教材の使用を開始しております。電子教材を使用するコース一覧は「電子教材のご案内」ページよりご確認ください。ベンダー認定コースにつきましては、各ベンダーが提供する電子教材閲覧サービスを利用いただく場合がありますので、上記の「注意事項」にてご確認ください。
備考  

申込要項   空席状況

前のページへ戻る ↑ページの先頭へ