コース概要

Red Hat認定スペシャリスト試験 - OpenShift Application Development -(EX288)

学習形態 [ 講習会 ] 提携コース コースコード UMI89L
コース概要 Red Hat認定スペシャリスト試験 - OpenShift Application Development -(EX288)では、Red Hat OpenShift Container Platform環境に既存のアプリケーションをデプロイする能力をテストします。この試験に合格すると、Red Hat認定アーキテクト(RHCA)を取得する際の前提条件にもなるRed Hat認定スペシャリスト - OpenShift Application Development - を取得できます。この試験は品川御殿山会場にて実施します。
到達目標

本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。

  1. Red Hat OpenShift Container Platformの操作。コンテナイメージの操作。
  2. アプリケーションのデプロイメントに関する問題のトラブルシューティング。
  3. イメージストリームの操作。構成マップの操作。S2I(Source-to-Image)ツールの操作。
  4. フックとトリガーの操作。テンプレートの操作。
対象 Red Hat OpenShift Container Platform環境の管理を担当するDevOpsロールのアプリケーション開発者。
Red Hat OpenShift Container Platform環境の実装を担当するDevOpsロールのアプリケーション開発者。
コンテナ化アプリケーションの作成または既存アプリケーションからコンテナ化アプリケーションへの変換を担当するアプリケーション開発者。
前提知識 コンテナテクノロジーの基礎を理解している必要があります。ある程度のプログラミング経験が推奨されますが、必須ではありません。
会員価格
(会員紹介含む)
49,500円(税込)
非会員価格 55,000円(税込)
期間 1日間
レベル 応用・実践
注意事項
  1. 本コースは、レッドハット株式会社との提携コースのため、レッドハット株式会社で開催します。コース実施・運営のため、受講者の個人情報を提携先企業に提供します。利用目的等についてはICTカレッジの個人情報保護ポリシー及び個人情報の取り扱いについてを参照してください。
  2. 申込み、日程変更/キャンセル締切日は、コース開始日の15営業日前です。提携企業のコースのため、申込み受付後に満席となった場合は受講できないことがあります。あらかじめ了承ください。
  3. 申し込みをする方は受験の際に、運転免許証、パスポート、など写真貼付の公的身分証明証を持参してください。
  4. 試験の正式な結果は、Red Hat Certification Centralから送付されます。試験官やトレーニングパートナーが受験生に直接結果を報告することは認められていません。通常、試験結果は米国の3営業日以内に送付されます。
電子教材 ICTカレッジオリジナルの研修コースにおいて、電子教材の使用を開始しております。電子教材を使用するコース一覧は「電子教材のご案内」ページよりご確認ください。ベンダー認定コースにつきましては、各ベンダーが提供する電子教材閲覧サービスを利用いただく場合がありますので、上記の「注意事項」にてご確認ください。
備考  

申込要項   空席状況

前のページへ戻る ↑ページの先頭へ