コース概要

【ライブ】ワークショップで学ぶUXデザイン

学習形態 [ ライブ ] コースコード ULC80R
コース概要 人間中心設計プロセス(利用の状況の把握と明示、ユーザと組織の要求事項の明示、設計による解決策の作成、要求事項に対する設計の評価)に基づいて、ユーザビリティエンジニアリングの代表的な手法(インタビュー手法、ユーザ分析、プロトタイピング、ユーザビリティテスト)をケーススタディを通して学習します。
到達目標

本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。

  1. 利用状況の把握と明示プロセスの手法(インタビュー技法など)を説明できる。
  2. ユーザと組織の要求事項の明示プロセスの手法(ペルソナ定義、ユーザージャーニーマップ)を説明できる。
  3. 設計による解決策の作成プロセスの手法(アプリケーションモックアップなど)を説明できる。
  4. 要求事項に対する設計の評価プロセスの手法(ユーザビリティテスト)を説明できる。
対象 上流工程(特に要件定義、基本設計)担当システムエンジニアの方、画面設計をする方、UI/UXに興味のある方。
前提知識 「ユーザーインターフェース設計の基礎」(UZS06L)コースを修了していることが望ましい。
会員価格
(会員紹介含む)
66,880円(税込)
非会員価格 83,600円(税込)
期間 2日間
レベル 応用・実践
注意事項
  1. 本コースはオンライン(ライブ配信)です。自宅やサテライトオフィスで受講するコースです。
  2. 本コースは演習でPowerPoint 2013を使用します。事前に用意してください。
  3. 演習では電子教材を複数使用します。そのため、サブディスプレイを用意することをおすすめします。
  4. 旧「UI/UX設計のためのHCDプロセス体験 ~ユーザビリティエンジニアリングの手法~」(UZS13L)コースを受講済みの方は、内容が重複するため受講の必要はありません。
電子教材 ICTカレッジオリジナルの研修コースにおいて、電子教材の使用を開始しております。電子教材を使用するコース一覧は「電子教材のご案内」ページよりご確認ください。ベンダー認定コースにつきましては、各ベンダーが提供する電子教材閲覧サービスを利用いただく場合がありますので、上記の「注意事項」にてご確認ください。
関連情報 ライブ配信接続方法のご案内
備考  

申込要項   空席状況

前のページへ戻る ↑ページの先頭へ