コース概要

【ライブ】速習 説明可能なAIモデルの開発

学習形態 [ ライブ ] コースコード ULC43R
コース概要 ディープラーニングの登場により、高精度なAIが構築可能となった今、次のような理由から、モデル可視化技術の重要性が増してゆく可能性が高いです。
  1. 高コストなシステムや安全性が重要なシステムとAIのインテグレーションでは、AIの意思決定の理由がわかることが非常に重要である。
  2. AIの精度向上においては、AIの動作を把握し的確な指針を立てられることが重要である。
  3. 自動化が困難なタスクの遂行には人間のスキル向上が重要である。本コースではモデル可視化技術について講義と実習をとおして学習します。
到達目標

本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。

  1. PyTorchを用いてモデル可視化技術を実装できる
  2. モデル可視化技術を用いてクライアントにモデルの説明ができる
  3. モデル可視化技術を用いて精度向上の指針立案ができる
対象 ディープラーニングを用いたプロジェクトで精度向上に取り組んでいる方。ディープラーニングを用いたプロジェクトでクライアントへのモデルの説明が求められる方。
前提知識 数学(偏微分、線形代数)の知識、PyTorchまたはTensorflowを用いたモデル開発経験のある方。
会員価格
(会員紹介含む)
70,224円(税込)
非会員価格 87,780円(税込)
期間 1日間
レベル 応用・実践
注意事項
  1. 本コースはジャパニアス株式会社、Morning Project Samurai株式会社との提携コースです。
  2. コースの開催時間は13:00-17:00の4時間となります。
  3. 本コースはオンライン(ライブ配信)です。自宅やサテライトオフィスで受講するコースです。
電子教材 ICTカレッジオリジナルの研修コースにおいて、電子教材の使用を開始しております。電子教材を使用するコース一覧は「電子教材のご案内」ページよりご確認ください。ベンダー認定コースにつきましては、各ベンダーが提供する電子教材閲覧サービスを利用いただく場合がありますので、上記の「注意事項」にてご確認ください。
関連情報 ライブ配信接続方法のご案内
備考  

申込要項   空席状況

前のページへ戻る ↑ページの先頭へ