コース概要

ネットワークの運用管理とトラブルシューティング(富士通製品編)

学習形態 [ 講習会 ] コースコード UJE64L
コース概要 ネットワークの運用管理の全体像を把握します。また、運用管理の中で特に重要なネットワークトラブル発生時の対応方法について学習します。より実践的なスキル/ノウハウを修得するために、一般的な企業ネットワークにおけるトラブルシューティングを取り上げて説明します。演習では、富士通製のネットワーク機器を使用します。
到達目標

本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。

  1. ネットワークの運用管理に必要なドキュメントや構成要素が説明できる。
  2. 企業ネットワークで発生する代表的なトラブルを知り、実践時に役立てる。
  3. トラブルシューティングのプロセスを理解し、効率的なトラブルシューティングが行える。
対象 富士通製機器を使用したネットワークを運用管理されている方。ネットワークのトラブルシューティング技術が必要な方。
前提知識 「LAN/WANの構築実習・実践トレーニング(富士通製品編)」(UJE53L)コースを修了、または同程度の知識、経験があること。あるいはネットワーク構成図とパラメーターシートを読み解き、ネットワーク機器を設定できること。
コース詳細 学習項目 タイムテーブル
会員価格
(会員紹介含む)
64,416円(税込)
非会員価格 80,520円(税込)
期間 2日間
レベル 応用・実践
ITSSレベル:
  【ITサービスマネジメント育成】 ‐ テクノロジ[3]
  【ITスペシャリスト育成】 ‐ テクノロジ[2]
電子教材 ICTカレッジオリジナルの研修コースにおいて、電子教材の使用を開始しております。電子教材を使用するコース一覧は「電子教材のご案内」ページよりご確認ください。ベンダー認定コースにつきましては、各ベンダーが提供する電子教材閲覧サービスを利用いただく場合がありますので、上記の「注意事項」にてご確認ください。
備考  

申込要項   空席状況

前のページへ戻る ↑ページの先頭へ