コース概要

Windows PowerShell基礎と実践 ~Windows Server 2016対応~

学習形態 [ 講習会 ] 提携コース コースコード UCV59L
コース概要 Windows PowerShellは、マイクロソフトのオンプレミス、クラウド、ハイブリッドクラウド環境において重要な管理基盤であり、さらに2016年8月よりオープンソース化され、プラットフォーム非依存の共通管理基盤へと進化しました。Windows PowerShellを使いこなすことは、IT技術者にとって必須のスキルといえます。本コースでは、英語版の「10961B Automating Administration with Windows PowerShell」(5日間)と同等の内容を、日本語のテキストと日本語版のWindows Server 2016の演習環境を使用して、2日間で効率よく学習できます。豊富な演習を通じて、Windows PowerShellの基本と、すぐに現場で活用できる実践的な知識を身に付けることができます。
到達目標

本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。

  1. Windows PowerShellの概要と、コマンドの基本的な構文や動作、パイプライン処理を理解する。
  2. パイプラインを使用した、オブジェクトの選択、ソート、計測、フィルター、変換、出力のフォーマットを理解する。
  3. WMI、CIMコマンドを使用したシステム管理方法を理解する。
  4. PowerShellスクリプトの開発に必要な知識と、スクリプトモジュールやプロファイルについて理解する。
  5. PowerShellリモート処理およびPowerShellジョブとジョブのスケジューリングについて理解する。
対象 Windows PowerShellを使用した管理や自動化を担当するITエンジニアの方。
前提知識 コンピューターやネットワークに関する基礎知識およびWindows Serverの操作経験があること
会員価格
(会員紹介含む)
118,800円(税込)
非会員価格 132,000円(税込)
期間 2日間
レベル 応用・実践
注意事項
  1. 次の英語版マイクロソフトオフィシャルトレーニングコースと同等の内容を日本語のオリジナルテキストと演習マニュアルを使用して講義します。環境は日本語版Windows Server 2016です。「10961B:Automating Administration with Windows PowerShell」
  2. 本コースは、エディフィストラーニング株式会社との提携コースのため、提携先で開催します。申込み、日程変更/キャンセル締切日は、コース開始日の12営業日前です。
  3. コース実施・運営のため、受講者の個人情報を提携先企業に提供します。利用目的等についてはICTカレッジの個人情報保護ポリシー及び個人情報の取り扱いについてを参照してください。
  4. 東京地区八重洲会場開催のコースのみ、昼食用食券の提供があります。
電子教材 ICTカレッジオリジナルの研修コースにおいて、電子教材の使用を開始しております。電子教材を使用するコース一覧は「電子教材のご案内」ページよりご確認ください。ベンダー認定コースにつきましては、各ベンダーが提供する電子教材閲覧サービスを利用いただく場合がありますので、上記の「注意事項」にてご確認ください。
備考  

申込要項   空席状況

前のページへ戻る ↑ページの先頭へ