コース概要

開発から運用への橋渡し入門 ~ITIL変更管理・リリース管理~

学習形態 [ 講習会 ] コースコード UAX18L
コース概要 運用部隊は、開発工程で作られたレール(仕組み)の上を走ることになるため、開発から運用へサービスを引き継ぐ工程(移行)は「本番運用に入る前の水際」とも言えます。したがって、適切なサービスリリース計画を立て、リリース可否を判断する必要があります。本コースでは、移行の問題点を認識したうえでITILの「変更管理」「リリース管理」について具体的な活動の流れを確認し、開発と運用が協力してサービスをリリースするポイントについて講義と演習により学習します。演習では、シナリオにもとづきITILの考え方を活用して変更事案の可否と優先度を判断し、リリース計画を作成します。
到達目標

本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。

  1. 移行時の問題点と変更管理とリリース管理の重要性を説明できる。
  2. 変更管理とリリース管理の活動の流れとポイントを説明できる。
  3. 開発から運用へ引き継ぐポイントや稼働判定について説明できる。
対象 開発・運用を問わず、移行やサービスリリースに関わる予定の方
前提知識 ITサービスを提供、または利用した経験が1年以上あること。
コース詳細 学習項目 タイムテーブル
会員価格
(会員紹介含む)
36,960円(税込)
非会員価格 46,200円(税込)
期間 1日間
レベル 入門・基礎
ITSSレベル:
  【ITサービスマネジメント育成】 ‐ メソドロジ[2]
注意事項
  1. 旧「ITIL変更管理、リリース管理の実装 ~あるべきサービスの安定化を目指して~」(UAX04L)コースと、内容が一部重複します。
  2. ITILはAXELOS Limitedの登録商標です。
電子教材 ICTカレッジオリジナルの研修コースにおいて、電子教材の使用を開始しております。電子教材を使用するコース一覧は「電子教材のご案内」ページよりご確認ください。ベンダー認定コースにつきましては、各ベンダーが提供する電子教材閲覧サービスを利用いただく場合がありますので、上記の「注意事項」にてご確認ください。
備考  

申込要項   空席状況

前のページへ戻る ↑ページの先頭へ