コース概要

サイバーレンジによる実践的インシデント訓練

学習形態 [ 講習会 ] コースコード USA60L
コース概要 システム運用の現場において、セキュリティインシデントが発生した場合、多様なOSやミドルウェア、プロダクト、ネットワーク機器やセキュリティ機器から発生する情報を収集し、セキュリティインシデントかどうかの判断が求められる。本教育は、セキュリティインシデント発生時における初動対応を実現するために、簡易的な調査や分析が行えることを確認する(実践的な内容のため講義は最小限です)。
到達目標

本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。

  1. システム構成を理解し影響と暫定対処のシナリオを推論できる
  2. 各OSのコマンドを理解、初動としてのログ採取や保全、一次分析などが行える
  3. セキュリティインシデント発生時に現場で初動対応の指示とインシデントのクロージングができる
対象 一般的なシステム開発、運用を担当するSE
前提知識 3年程度の運用保守の実務経験を有すること。CCNA程度のネットワークに関する知識を有すること。MCSA程度のWindowsOSに関する知識を有すること。LPIC レベル2程度のLinuxOSに関する知識を有すること。ITIL Foundation程度のITサービスに関する知識を有すること。
会員価格
(会員紹介含む)
220,000円(税込)
非会員価格 275,000円(税込)
期間 2日間
レベル 応用・実践
ITSSレベル:
  【ITスペシャリスト育成】 ‐ テクノロジ[3]
注意事項
  1. 「サイバーレンジによる実践的インシデント訓練」(YAZ05L)コースをご受講済の方は、内容が重複いたしますのでご了承ください。
  2. 演習はグループワークです。
  3. 本コースは「前提知識が満たされていること」を前提として開催します。各サーバのコマンド操作方法やログの閲覧方法についての講義はありません。前提知識をご確認の上ご受講ください。
電子教材 ICTカレッジオリジナルの研修コースにおいて、電子教材の使用を開始しております。電子教材を使用するコース一覧は「電子教材のご案内」ページよりご確認ください。ベンダー認定コースにつきましては、各ベンダーが提供する電子教材閲覧サービスを利用いただく場合がありますので、上記の「注意事項」にてご確認ください。
備考  

申込要項   空席状況

前のページへ戻る ↑ページの先頭へ