コース概要

【ライブ】Pythonによるデータ分析入門

学習形態 [ ライブ ] コースコード ULD03R
コース概要 近年、Pythonはデータサイエンティストの中で、標準的なデータ分析の手段として活用されています。本コースでは、Pythonを使ったデータ分析の基礎を学習します。「Pandas」「matplotlib」「scikit-learn」といったライブラリを使ってデータを分析するための知識を演習を通して身につけます。今後、Pythonを使って機械学習によるデータ活用を目指す方にとっての入門コースです。
到達目標

本コース修了後、次の事項ができることを目標としています。

  1. Pythonにおけるデータ分析の特徴を説明でき、代表的な開発環境である「Jupyter Notebook」の基本操作ができる。
  2. 「Pandas」ライブラリの特徴と使い方を説明でき、それらのライブラリを使って基本的なデータ処理ができる。
  3. 「matplotlib」ライブラリの特徴と使い方を説明でき、「matplotlib」ライブラリを使って基本的なデータの可視化ができる。
  4. 「scikit-learn」ライブラリの特徴および、各機械学習の手法に共通的な使い方の流れの説明ができる。
対象 これからPythonを使ったデータ分析を始めたい方、またはPythonの代表的なデータ分析ライブラリの特徴を知りたい方
前提知識 「Python入門」(UJS60L)コースを受講済み、あるいは同程度の知識があること。具体的には、Pythonで変数、配列(リスト)、制御構文(条件分岐、繰り返し)を実装できること。
コース詳細 学習項目 タイムテーブル
会員価格
(会員紹介含む)
36,960円(税込)
非会員価格 46,200円(税込)
期間 1日間
レベル 入門・基礎
注意事項
  1. 初めてデータ分析を学習される方は、「ビジネス分析のための統計学(UAU49L/UVC01D)」もあわせて受講することをお勧めします。統計学の基礎知識を事前に学習してから本コースを受講することで、理解を深めることができます。
  2. 本コースでは、数学的なアルゴリズムは扱いません。
  3. 分析結果の評価(交差検証やROC曲線など)は上位コース「Pythonによる機械学習~scikit-learnによる機械学習ことはじめ~」で扱います。
  4. 本コースはオンライン(ライブ配信)です。自宅やサテライトオフィスで受講するコースです。
電子教材 ICTカレッジオリジナルの研修コースにおいて、電子教材の使用を開始しております。電子教材を使用するコース一覧は「電子教材のご案内」ページよりご確認ください。ベンダー認定コースにつきましては、各ベンダーが提供する電子教材閲覧サービスを利用いただく場合がありますので、上記の「注意事項」にてご確認ください。
関連情報 ライブ配信接続方法のご案内
備考  

申込要項   空席状況

前のページへ戻る ↑ページの先頭へ